建造物のご紹介
彫刻のご紹介
石造物のご紹介
絵画のご紹介
工芸のご紹介
文章・典籍のご紹介
宗教法人智恩寺

住所:京都府宮津市字文珠466
TEL:0772-22-2553
FAX:0772-22-1265

文化財紹介

 

 

智恩寺めぐり
一覧へ前へ次へ

【42番】 鉄湯船 (重要文化財)(一口)
鋳鉄 高63.5×172.5cm 鎌倉時代(正応三年・1290)

現在は手水鉢として使用されていますが、もとは寺院の大湯屋で寺僧の施浴に用いる湯船として制作されたものです。
 

口縁部に鍔をつけ、底部をわずかに細くした盥形で、底部中央に流れ口の穴をあけています。側面内部にある鋳出銘から、この湯船は興法寺(弥栄町)のものであったことが知られます。
 

制作に当たった大工山河貞清は、鎌倉後期に活躍した河内国(大阪府)の鋳物師と考えられています。