建造物のご紹介
彫刻のご紹介
石造物のご紹介
絵画のご紹介
工芸のご紹介
文章・典籍のご紹介
宗教法人智恩寺

住所:京都府宮津市字文珠466
TEL:0772-22-2553
FAX:0772-22-1265

文化財紹介

 

 

智恩寺めぐり
一覧へ前へ次へ

【28番】 達磨図
一幅 絹本著色 127.3×57.0cm 雲谷等益 文英清韓賛 室町時代

半身像の達磨を描いたものです。画の作者の雲谷等益(1591~1644)は、雪舟の正系を標榜し、萩藩に仕えた雲谷派の二代目にあたります。
 

賛文の筆者の文英清韓(1568~1621)は東福寺・南禅寺の住持をつとめ、方広寺の梵鐘の銘文(その中に「国家安泰」の一句があり大阪の陣のきっかけとされた)の作者としても知られます。
 

本図の制作は、清韓の没年から考えれば、等益二十歳代の作例となります。