建造物のご紹介
彫刻のご紹介
石造物のご紹介
絵画のご紹介
工芸のご紹介
文章・典籍のご紹介
宗教法人智恩寺

住所:京都府宮津市字文珠466
TEL:0772-22-2553
FAX:0772-22-1265

文化財紹介

 

 

智恩寺めぐり
一覧へ前へ次へ
 
【10番】 文殊菩薩脇侍 善財童子優でん王 (重要文化財)
 
智恩寺の本尊像で獅子に乗る文殊菩薩を中心に、獅子を曳く優でん王と、文殊を象徴する経箱を捧げ持つ善財童子の、三尊形式であらわせられています。

この姿は文殊がインドから中国へ旅したという姿をイメージしています。衣に牡丹唐草、雷文繋、鳳凰丸文、蓮華唐草などの細かい盛り上げ彩色の文様を施していることや、文殊菩薩の高く結い上げた宝髻、張りと柔軟さを感じさせる肉身の表現などに鎌倉後期の特色が現れています。
 

両肩を覆う衣をまとい、如意を持つ文殊の姿は、密教の文殊菩薩と異なるもので、禅宗とともにもたらされた新様と考えられます。